配偶者ビザ

配偶者ビザ(日本人配偶者等の在留資格)

「在留資格の申請(ビザの申請)」は市区町村役場で行うのではなく、入国管理局で取り扱われます。「在留資格(ビザ)」を申請する場合には各都道府県にある入国管理局に申請する必要があります。申請するのは外国人の方が申請者となります(日本国籍の方は申請する必要はありません)。

理由は何であれ外国人が日本に滞在する場合の申請や問い合わせは、全て入国管理局の仕事になっています。今回は「国際結婚するので(あるいはしたので)日本に住み続けたい」というのが理由となります。

国際結婚の場合申請する在留資格の内容は「日本人配偶者等の在留資格」と呼ばれる在留資格の申請になります。一般的には「配偶者ビザ」と呼ばれています。難しいことばですが、日本人の配偶者が存在する場合に適用される在留資格(ビザ)と考えてください。入国管理局のホームページでは「在留資格 日本人配偶者等の場合」というところで説明されております。

ここで注意が必要なのは、口頭や書類で申請すれば「日本人配偶者等の在留資格(配偶者ビザ)」がすぐに取れるというものではありません。

当然、申請手続きをしても短期滞在で来日している場合だと日本に滞在できる最長日数90日間は変わりませんので、許可がでる間に滞在許可期間の90日がどんどん減っていってしまいます。

例えば、国際結婚をするために日本に90日間の在留ビザ(観光ビザなどの在留資格)でやってきて、婚姻届の提出、結婚式、親類・縁者への挨拶、新婚旅行などをしてから入国管理局へ出向いて「日本人配偶者等の在留資格(配偶者ビザ)」の申請をしたとしても、残りの滞在期間で在留資格が取れる保証はありません注意してください。

滞在期間が切れたまま日本に留まっていると不法滞在ということになってしまい、発覚した場合には国外退去処分や入国禁止などのペナルティを受ける場合もあるので滞在期間は必ず守らなければなりません。滞在期限が迫った場合には既に結婚の手続きは済んでいるので、いったん母国へ帰り、配偶者ビザが発行されるのを待つということになります。

在留資格が認められた場合には日本人配偶者等の在留資格の記載のある「在留カード」が発行されます。この在留カードはあなたがビザを持っていることの証明書となるので常時携帯が必要となります。また、在留カードは居住する市区町村の手続きの際にも必要となるので取り扱いには注意が必要です。

Translate »