相手が外国にいる場合

相手が外国にいる場合の配偶者ビザ取得

ここでは「相手が外国にいる場合の配偶者ビザの取得」について記載します。

基本的に市区町村役場に婚姻届を提出し婚姻関係が成立しており、且つ、相手国でも婚姻関係が成立していることが前提となります。

外国人配偶者(奥さんや旦那さん:申請者)が外国にいる場合には日本人配偶者が「日本人の配偶者等の在留資格証明書」の交付を入国管理局に申請します(説明は数行で済ませてありますが、実際には入管に書類をもらい行ったり、説明を聞いたり、相手国側で書類や本人の写真を用意して送ってもらったり、相手国大使館に書類を発行してもらったり、役場に書類を発行してもらったりという一カ所では完結しない様々な手続きが必要となります)。

この認定証明書を外国にいる配偶者に送ります。外国の配偶者はこの認定証明書を日本大使館や領事館に提示し日本人の配偶者等の在留資格(一般的には配偶者ビザと呼ばれる)を発行してもらいます。この手続きで配偶者は日本に入国することができます。


注意

在留資格には法務省入国管理局の審査があります、そのため申請すれば必ず認定されるとは限りません

Translate »