外国人の配偶者を短期滞在ビザで日本に呼ぶ

外国人の配偶者を短期滞在で呼ぶ場合の配偶者ビザ取得

ここでは外国人配偶者が短期滞在で来日し(通常90日以内)、入国管理局に在留資格変更の手続きを申請します。

基本的に市区町村役場に婚姻届を提出し婚姻関係が成立しており、且つ、相手国でも婚姻関係が成立していることが前提となります。短期滞在の間に日本で婚姻関係を成立させ、相手国大使館に書類を提出して婚姻関係を成立させるとか、海外で婚姻関係があるのであれば日本の市区町村役場に婚姻関係の書類を提出し日本での婚姻関係を成立させる必要があります。

「短期滞在」からの在留資格内容の変更は名目上は認められないのですが、結婚を理由とした場合には正当なものであれば認められるケースが増えてきております。

ただし、この方法は100%保証される方法ではありませんのでリスクを覚悟して行うものとなります。つまり、在留資格が取得できなかった場合にはいったん日本を離れる必要があります。


注意

在留資格は法務省入国管理局の審査があります、そのため申請すれば必ず認定されるとは限りません

短期滞在の期間中に滞在ビザの期間が経過した場合には、いったん日本を離れなくてはなりません。そのまま残っていた場合には不法滞在者となってしまうので注意してください。不法滞在者となった場合には強制送還されたり、日本への入国が拒否されるケースなどがあるので十分注意が必要です。

Translate »