外国人が日本で生活している場合

外国人配偶者がすでに日本で生活している場合の配偶者ビザ取得

 この場合、相手の外国人が仕事などで既に日本で生活をしている場合には、現在持っている在留資格を日本人配偶者等の在留資格に変更する手続きを申請します。

 この場合には相手の外国人は現在、何かの在留資格を持っているので時間的にはかなり楽になると思います。極端なことを言えば相手の在留資格がある間に手続きを進めることができます。

 基本的には今までのパターン同様に婚姻関係が両国で成立している必要があるので、市区町村役場に婚姻届を提出し、相手国側での婚姻関係を成立させてから変更手続きを行ないます。

 日本人配偶者等の在留資格(配偶者ビザ)は就労の制限がなくなるなど、現在認められている在留資格よりも有利になると思うので、日本での生活設計は立てやすくなると思います。


注意

 このケースの場合には既に別のビザを持っているので申請上と滞在日数的には他のケースよりも有利です。ただし、軽微であっても犯罪歴などがある場合には認可されない可能性があるので注意が必要です(結婚を許さないのではなく、犯罪という行為について問題視される可能性があります)。

Translate »