在留期間が過ぎてしまい不法滞在となってしまっている場合

在留期間が過ぎてしまい不法滞在となってしまっている場合の配偶者ビザ取得

結婚自体は婚姻届を市区町村役場に提出し受理されればよいので不法滞在(オーバーステイ)であっても国際結婚は可能です。

ただし、在留資格の申請は入国管理局に出向いて「自分は不法滞在者(オーバーステイ)であることを入国管理官に申告する」ことからはじまります。

当然、不法滞在者なので拘束される可能性もあります(日本人配偶者の身元がはっきりしていれば申告当日は帰宅できる場合もあるそうです)。

審査を経て場合によると強制送還になる場合もありますが、申請が認められて日本人配偶者等の在留資格が与えられる場合もあります。

外国人の方が拘束されようと、申請が拒否されたに関わらず、日本人の配偶者が黙って指をくわえているだけではなく入国管理官と話を続ける必要があります(自分にとってどれだけ相手が必要な人であるのか、二人の愛情の深さを証明するための手紙や文書や写真などを使って審査官に説明すること、親族の上申書などが非常に重要です)。

過去に、ある方がこのケースと同じ状況となり、本人が拘束され、申請も認められなかったのですが、審査官に説明をし続け(いわゆる日参)たところ、ある日、本人が帰宅し申請が認められたといういこともありました。

最後の最後には二人の絆が非常に大事であること言うまでもありません。


注意

不法滞在者の場合には認められない可能性が高いとお考えください

滞在が認められない場合には強制送還となってしまいます。

強制送還の場合には一定期間は日本への入国が認められません。一定期間経過後に来日することが可能ですが、それまでの間は日本では同居を続けることができません。結果として同居を続けたい場合にはあなたが相手国に行くしかありません。強制送還となり一定期間経過後であれば。再び配偶者ビザを申請をすることは可能なので、たとえ一度認められなかったとしても諦めないでください。

ご結婚相手が不法滞在者の場合には同じケースの国際結婚を扱った経験がある行政書士に説明を受けた方が心強いと思います。

Translate »