日本に住むために

際結婚の手続きをしただけでは一緒に日本に住む権利を得たわけでは無い

日本人同士の場合には婚姻届をだせば法律上夫婦として認められて一緒に暮らすことができるようになります。

しかし、国際結婚の場合には法律上夫婦として認められても、外国人の方が日本に暮らし続けるという権利を取得したことにはなりません。つまり、婚姻届をだして夫婦と認められても、日本にずっと暮らせるというわけではありません。

この部分が国際結婚で一番重要なポイントとなります。

 婚姻届が受理されただけでは、法律上夫婦と認められても外国人が日本に住み続けられるという権利が得られたわけでは無いということです


日本に夫婦で住み続けるには

それではどうすれば日本に夫婦で住み続けることができるのでしょうか?

外国人が日本に住み続けるためには「在留資格」という日本国の滞在許可(ビザ)をとる必要があります。

一般的に短期滞在と呼ばれる観光などで日本に来た場合の滞在期間は90日です(実際には査証免除協定を結んでいる国の場合には短期滞在の申請は不要ですが、協定を結んでいない国の場合には「短期滞在在留資格」を日本大使館や領事館に申請する必要があります)。

たとえ婚姻関係がこの90日の間に認められたとしても、「日本で暮らすための在留資格を取得していない場合には、日本に滞在できる期間は入国してから90日しかありません(実際にはすぐに婚姻届を提出できるわけではないと思うので夫婦となって日本に一緒に暮らせる期間はもっと短いです)」

ここで注意が必要なのは、日本に暮らすための在留資格が無いにも関わらず日本に滞在し続けるということは、不法残留となってしまい見つかった場合には罰金で済めばいいですが、場合によると強制送還、特定の期間入国禁止にまで発展する場合もあります。たとえ婚姻届を提出して夫婦として法律上認められていても、夫婦であることなど関係なく不法残留となってしまうので注意が必要です。

以上、国際結婚でとても大事なことをまとめると次の通りです。

 婚姻届を市区町村役場に提出することで夫婦として認められたからといって、日本に外国人の方が暮らし続けられるというわけでは無い。日本で夫婦一緒に暮らしたい場合には必ず「在留資格」の申請をする必要があります。

Translate »