国際結婚をしたい

国際結婚・婚姻届の提出

 基本的に日本で婚姻関係を認められるためには
市区町村役場に婚姻届を提出し、書類が受理されればお互いに夫婦として婚姻関係が認められます
。これは相手が外国人である国際結婚であっても同じ手続きを行う必要があります。

ただし国際結婚の場合には日本だけはなく
相手の国でも結婚が認められる必要があります
(あなたや相手に奥さんや旦那さんがいる場合にはたとえ日本で結婚できたとしても相手の国で結婚が認められないことになる等面倒なことが起こります)。

ここでは実際に結婚するにあたり、相手国への提出する書類、日本の役場に提出書類をはっきりさせておきます。


1.日本で婚姻をしてから相手国へ婚姻の届けをする

相手国大使館に行き、「国際結婚するのだけれど日本から何か書類が必要となるのか?その場合、書類の外国語訳添付書類は必要か?また大使館(領事館)で書類を受け付けてもらえるのか?など」を聞いてください(殆どの大使館・領事館は行けば国際結婚申請のための書類という資料があると思います)。

日本国内のの婚姻は市区町村役場に婚姻届を提出し書類を受理してもらいます。その後、大使館で聞いた必要書類を作成してもらいます。必要に応じて相手国の言語に翻訳してもらいます。

書類一式できたら相手国大使館・領事館に書類を提出します(日本で結婚した場合には相手国大使館や領事館に結婚したことを報告する義務があるので必ず提出してください) 。注意が必要なのは国によっては大使館では結婚したことの報告を受けてもらえない国もあります。この場合には相手国まで行って書類を提出しなければなりませんので夫婦でご挨拶がてら相手国に行って相手国の役所に提出してください。

    

 

2.海外で婚姻してから日本で婚姻

あなたが現地に在住しているならば、現地の役所に行って「私は日本人でこの国の人と国際結婚するのだけれど日本から何か書類は必要か?その書類の外国語訳添付書類は必要か?その書類はここで受け付けてもらえるのか?」などを聞いてください。

必要な書類は現地の日本大使館・領事館、日本の市区町村役場から送ってもらう必要があります。場合によると一時帰国して書類を用意しないといけない場合もあるかもしれません。また、親族に依頼するなどの方法も考えてください。

更に日本大使館に連絡して「現地で国際結婚するのだが、日本大使館に提出する書類は何か?書類の提出は受け付けてもらえるのか?」を確認してください。

あなたが日本にいるならば、相手国の大使館・領事館に行って「現地で国際結婚するのだけれど日本からもって行く書類は何が必要なのか?その書類の外国語訳添付書類は必要か?提出先は?など」を聞いてください。あるいはお相手の方にお相手の国の役場に行ってもらって「日本人との国際結婚の場合日本から持ってきてもらう書類は何か?」を聞いてもらってください。
あなたが結婚後日本に帰国するのであれば市区町村役場に連絡して「国際結婚を現地でするのだが、結婚後日本に提出する書類は何が必要か?」を聞いてください。あなたが現地に残るのであれば婚姻後でもかまいませんので日本大使館・領事館に連絡して「現地で国際結婚しこちらで暮らすのだが、日本大使館に提出する婚姻届の書類で必要なものは何か?書類の提出を受け付けてもらえるのか?」を確認してください。

相手国の方式に則って相手国で婚姻届を提出し受理してもらいます。

婚姻後、日本で必要となる書類を現地の役場で作成してもらい、手続きを行います(相手国で結婚した場合には相手国にある日本大使館や日本領事館に相手国の婚姻届を持参するか、本籍のある市区町村役場に送付、あるいは直接持参します(日本語訳が必要です)。これにより日本の戸籍に婚姻の事実が記載されます)。

Translate »